高齢出産は不安がいっぱい

高齢出産に関しては確かに少しのリスクはあるものの、あまりにも不安をあおるようなイメージが付いてしまっているようです。まず最初に「そんなに心配することはない!」ということを一言いっておきましょう。高齢出産の不安を簡単にピックアップしてみました。

高齢出産って?

高齢出産というのは35歳以上の妊娠や出産のことを言います。
35歳は特別区切りの年齢だということではありません。
統計計算上、35歳という区切りを付けているだけで、34歳なら安心、
35歳なら不安というものではありません。
出産のリスクが、30歳を過ぎた辺りから、
少しずつ高まっているという統計があります。

 

少しずつではあっても増え出す年齢として、35歳というところを数字上の区切りにしているのです。
高齢出産だからいって心配はないとはいえ、数字上は確かに少しであっても増えていることも
事実だということは忘れてはいけないことなのです。

 

初産婦と経産婦

以前は初産婦と経産婦の区別ははっきりしていました。
例えば高齢出産といっても、初産婦の高齢出産のことを主に表わしており、
経産婦は高齢出産の年齢であってもあまり高齢出産婦という話題にはなりませんでした。
しかし最近では母体への健康は少し違いますが胎児のリスクなどは同じなので、
区別を付けないようになっています。

 

妊娠中に起る疾患

妊娠中に起る疾患は妊娠中毒などと言われもので、妊娠高血圧症候群や糖尿病に
なりやすいと言われています。これは高齢妊娠だけではなく全体的に言えることですが、
特に高齢妊娠の場合は注意が必要であると言えるので、食事や運動による予防と
早期発見を心掛けましょう。

 

体重が増えるのか

高齢妊娠の場合は、特に体重の増加が多くなることもあります。
これも高血圧症候群や糖尿病になりやすいということと関係しますので、
1週間に500グラム〜1キロの増加があったときには医師に相談することがおすすめです。

 

高齢出産で子宮の回復は遅いのか

確かに子宮の回復は、20代の女性と40代の女性では違ってくるのではないでしょうか。
しかし個人差があるので、20代の女性でも安心しないようにしましょう。
そして出産後に体をできるだけ動かすようにするなど、医師などの指導に従うようにしましょう。
出産後、病後のようにあまり体を甘やかさないようにすれば早く回復します。

 

高齢出産の育児はつらい?

出産後の育児は体力も必要ですが、本当はストレスに対する
精神力の強さが大切なのです。

 

高齢出産のママたちは大人の精神を持っているので、
ストレスに負けず育児もゆとりを持つことができます。
ただし、苦しいときには自分だけで抱え込まないことは、
すべての新米ママに言えることです。